熊野新聞記事アーカイブ
ママも子どもも笑顔になる「疲れない食育」

ママも子どもも笑顔になる「疲れない食育」

 

「現代のお母さんは、みんな忙しい!!」

TVプロデューサーであり、食育プロデューサーの吾妻聖子さんが、時間に追われるお母さんに、日々の中でできる「疲れない食育」を提案します。

(熊野新聞 3週に1回・土曜日付に連載中)

azuma
【プロフィル】

■吾妻聖子(あずま・せいこ)

食育インストラクターの資格を持つテレビプロデューサー。旅番組、情報番組を担当し、国内外の食文化に精通。現在は、フジテレビ朝の情報番組「ノンストップ!」のお料理コーナーをプロデュースしている。大阪府出身。3歳から高校卒業まで那智勝浦町宇久井で暮らす。

【第1回】「いただきます」と「ごちそうさま」
【第2回】「食卓のお手伝い」
【第3回】食事中のテレビ「いい? ダメ?」
【第4回】朝食は学力に影響する?
【第5回】朝食のチカラ
【第6回】食品添加物のリスク
【第7回】カビない食パンは怖い!?
【第8回】ウイルスに勝つ食事とは?
【第9回】今こそ食育のチャンス!
【第10回】偏食改善のヒント
【第11回】偏食改善のヒント②
【第12回】偏食克服レシピ
【第13回】砂糖は子どもをキレさせる?
【第14回】ハム・ソーセージは危険なの?
【第15回】カット野菜に栄養はある?
【第16回】キャラ弁は作るべきか?
【第17回】生卵は何歳から?
【第18回】夏のお酢パワー
【第19回】お総菜買ってもいいの?
【第20回】今日からできる食育
【第21回】遊び食べに良い器は?
【第22回】嫌いなものを食卓に
【第23回】楽食のススメ
【第24回】10代こそ食育を!
【第25回】かむことは良いことばかり
【第26回】生の魚は何歳から?
【第27回】お正月はおせちで食育
【第28回】コロナ禍の今こそ食卓が大事
【第29回】毎日手作りじゃなくていい
【第30回】調理体験が子どもを育てる!
【第31回】フィンランドの食育は?
【第32回】偏食への声掛け
【第33回】ファストフードは食べちゃダメ?
【第34回】食育は女性の仕事?